FC2ブログ
 

裏銀座~雲ノ平

裏銀座~雲ノ平






1日目 折立~太郎平小屋
 雨のスタートでしたが、すぐに晴れ間が。TJARのスタートも控え、撮影陣も乗り込んでくる太郎平でした。














2日目 太郎平小屋~北ノ俣岳~黒部五郎岳~黒部五郎小屋
 昼前から高いところにはガスが立ち込め、時折真白になる場面も。それでも雨具までは必要なかったのですが、小屋が見え始めた到着直前、しっかりと降られてしまってのゴールでした。










3日目 黒部五郎小屋~三俣蓮華岳~三俣山荘~鷲羽岳~水晶小屋
 降っている中の出発。TJARの選手たちを何人も見送った後から、天気はますます悪化してきました。この日とった頂上はすべて真白。昼頃に水晶小屋に逃げ込むように入り込むと、同じような人たちでパニック状態。布団は2枚で5人という激混みの夜でした。












4日目 水晶小屋~水晶岳往復~祖父岳~雲ノ平~薬師沢小屋
 朝から快晴に恵まれ、今回唯一の晴れた頂上に。ルンルンで雲ノ平を抜けた後は、お約束のように雨に見舞われた日でした。








5日目 薬師沢小屋~太郎平~薬師岳~太郎平小屋
 この日も朝は快晴のスタート。薬師岳山荘まで晴れていたのに、直後には防風状態。薬師岳山荘に泊まる予定だったのですが、翌日の悪天候に備え、太郎平まで下りました。




6日目 太郎平小屋~折立
 予報通りに夜中から暴風雨。大荒れの中下山しました。下界は意外と穏やかで、この長い山行の成功をゲストと喜び合いました。

 今回、ゲストの希望でこの長い山行が実現しました。6日間もの縦走をしたのは、私も学生の時以来です。今は装備もよくなり、それでも荷物はかなり軽量化でき、小屋利用ということもあり快適な日々をおくれました。天候は全面的に味方にはできませんでしたが、この日数であればそれも仕方なし。充実の6日間でした。

関連記事
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
常念岳  ←常念岳 【2018年08月】の更新記事一覧 →爺ヶ岳~針ノ木岳  爺ヶ岳~針ノ木岳
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索