FC2ブログ
 

大杉谷~大台ヶ原

大杉谷~大台ヶ原

DSC03248.jpg

DSC03250.jpg

DSC03252.jpg

DSC03264.jpg

DSC03269.jpg

DSC03295.jpg

DSC03312.jpg

DSC03324.jpg

DSC03335.jpg

 1日目は桃の木小屋まで。とはいっても、前の日、松阪に泊まっているので家を出てから2日目。というのも、1日1本しか出ていない大杉谷への登山バス、松本を朝一に出たのでは乗れないのである。近づいて前泊をしないと間に合わない時間なのである。さすが秘境、そう簡単には入れない。
 登山口到着は12時くらい。すでに半日たっている。エアリアマップのコースタイムを参考にしていたので、のんびりしてたら遅くなっちゃうと思い、急ぎ目に進むと、なんてことはない2時間半くらいで着いてしまった。同じバスに乗っていた皆さんも、そんなに遅くなることなく着いたので、かなり甘い時間がついてるようだ。
 小屋は噂に違わぬ快適な小屋。風呂にも入れるし、小屋の方も暖かい。最も空いてたからかもしれないが。前日の土曜日の夜は、ほぼ満室だったようである。

DSC03350.jpg

DSC03359.jpg

DSC03372.jpg

DSC03386.jpg

DSC03389.jpg

DSC03394.jpg

DSC03396.jpg

DSC03409.jpg

DSC03426.jpg

DSC03427.jpg

DSC03431.jpg

DSC03435.jpg

DSC03441.jpg

DSC03445.jpg

DSC03449.jpg

 2日目で大台ケ原まで。
 小屋から先は一層険しさを増す渓谷道。しかしながら安全対策はしっかりされており、見た目ほど不安はない。ソフトな下の廊下とでもいおうか。まあ、比べ物にならないけど。
 最後の詰めは激登り。大汗をかいて、上に抜けると、これがまた寒い。大台を一回りしてバス停に着いたが、前日同様、かなり時間が余ってしまった。地図の設定、相当甘いようである。余ったはいいんだけど、下山もやっぱり1日1本しかないバス。3時間近く寒い中待ってたら、すっかり冷え切ってしまい、かなりつらい状態。震えながらバスに乗り、そこから乗り継ぎ大阪に行って宿泊。入山と同じく、下山してもその日に帰れないのである。三重から入って奈良に下山、そして帰れない。さすが秘境だ。
関連記事
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
南八ヶ岳  ←南八ヶ岳 【2018年10月】の更新記事一覧 →青木ヶ原樹海  青木ヶ原樹海
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索